群青色の戀文

去りゆく日々の備忘録/アラサー社会人/セクシャルマイノリティ/BUMP OF CHICKEN/RADWIMPS/米津玄師/ハイキュー/映画/1990~2014年くらいの範囲で流行った漫画とかアニメとかボカロとか

無題

「作文のタイトルは最後に決めなさい」と小学生のときに習ったのだけど、いまだにタイトルから決めようとしてしまう。また無題にしてしまった。

 

8月以降の色々をすっ飛ばし、一切記録などしないまま11月を迎えている。

なんだかんだと慌ただしくしていれば、記録する間もなく日々が過ぎていきますね、本当に。

たまに「15年間毎日日記つけてます!」みたいなひとがいるけれど、彼ら彼女らは決して慌ただしくないわけではないと思うんだよね。そんな中で、しかも手書きで、日々を記録できるとは。改めて尊敬の念を抱かざるを得ない。

 

ところで、年末になると1年の振り返りをしたくなる心理はなんなんだろうか。良くも悪くも特に変わっていないので、総括したところで「ああ、何も変わらなかったな」と自覚するだけなのに。

今年の正月は、どうせやることもないので「全部出社できます」で勤務希望出してきた。近所の神社にお参りに行けたらいいな、というくらい。

 

最近は、楽しいことがたくさんあって、それだけに意識を向けて生きていきたいのに、周りの雑音を同時に吸収してしまうせいで、頭の中がうるさいというか、びりびりと変に響いてしまって

それでも自分のことに集中しようとしているから、神経がちょっと疲れている、と思う。

なんかね。温泉にでも行くかね。

もっとセルフコントロール能力を高めなければならないよ、私は。

 

ブログは、場所を変えながらなんだかんだともう10年以上続けている唯一のことだから、不定期ながらちょこちょこと記録していきたいな。

どこのサービスで書いていても、編集画面の中では自分自身と静かに対話できるので、一番素に近いテンションに戻れるから好き。

 

 

白鳥の湖

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 

最近は、進撃の巨人が期間限定無料なのでそれを読んで過ごしている。

アニメは観ていたのだけれど、原作をちゃんと読むのは初めてなので、こんな感じなんだなあと思いつつ。

設定は2次元だけれども

裏切るやつは裏切るし

自分が知ることが真実とは限らないし

ピンチになってもヒーローはやって来ないし

死ぬときは死ぬし

どんなに悲しくても空は綺麗だし

親しいひとが亡くなっても何事もなかったように時間は進むし

世界は残酷だよねと。

そこらへんがリアルだなあと。

そんなことを思いながら読み進めている。

無題

お題「今日の出来事」

 

越えてはいけない一線、みたいな

どんなに親しい中でも、言ってはいけない一言って必ずあって

例えば、本人にはどうしようもないようなことであったり

人格否定のようなこととか、育った環境のこととか、そういう

仮になにか思うところがあったとしても、口に出して伝えてはいけない類のもの

大なり小なり誰にでもあるようなもの

けれど

相手に、先にそういうようなことを言われてしまったとしても

「だから私も言っていい」ということにはならなくて

傷つけられたことが、相手を傷つけていい理由にはならなくて

悔しくても悲しくても、反射的に口を開いてはいけない。とくに私の場合は。

そんなときに使ってしまった言葉は、たいてい攻撃的すぎて、相手をひどく抉ってしまう。

自覚はあるし、後からよく考えてみるとしばらく後悔するということが多いから

なにより未来の自分の心の平穏のためにも、安易に発してはならない。

一度言った言葉はなかったことにはできない。

 

 

見た目が変わらないことが何よりもイリュージョン

 

何もせずに休日が終わろうとしている\(^o^)/

 

執事西園寺の名推理2の第1話、プリンセス天功さんがゲストとかびっくりした!あんまドラマとか出る印象なかった!

そして上川隆也にお姫様だっこされるのめちゃくちゃ羨ましかった百合子様……

 

あと昨日の菅田将暉オールナイトニッポン、米津玄師がゲストでめちゃくちゃにやにやした~!

少しだけどBUMP OF CHICKENの藤くんの話しててさらににやけた。

それにしても米津さんが喋る声聴いてるとちょいちょい斎藤工さんが脳裏をよぎった。私だけだろうか。

 

さすがにそろそろ出かけるべきなのかもしれないけど雨だから悩む(きっと出かけないパターン)

 

メアリー

色々ありまして

モヤモヤする時間が長かったここ数日でしたが

まあ大人だからね、割りきりましょうね。

過ぎたことは忘れる!!!!

嫌なものとは距離をとる!!!!

人生無駄遣いしたくないもんな。

 

なんか「楽しかった時間を思い出せる写真」をみたらメンタルにいいらしいので

私もそういう画像フォルダ作ろうかな。

それと、そんなこんなありつつも少しだけ楽しみなお誘いをもらえたので

まあこれからも変わらずに日々生きていきましょう。

未来に期待。

 

春の歌

今週のお題「新生活おすすめグッズ」

 

新生活

新居の間取りを眺めてはわくわくし

雑貨屋さんやニトリなんかに行けばわくわくし

生活を想像するのは本当に楽しい。

引っ越し作業はつらいし、詰めるより開封するほうがさらに地獄だったけれど(当社比)(段ボールには中身が何か詳細に書いておくべきだと毎回後悔する)

新しい環境というのはやはり刺激があって良い。

しばらくは「自分の家に帰って来た」という実感が沸かなくても

少しずつ生活感が溢れてくると、玄関を開けたら自宅の匂いがしてほっとするようになるあの感じが良い。

 

一人暮らし歴10年(うち引っ越し2回)の私のおすすめは

グッズではないけれど、とりあえずなにはなくとも電子レンジと電気ケトルは必要。特に後者。

朝の1分1秒でも寝ていたいときに、やかんでお湯を沸かす労力や時間を考えたらもうね

電気ケトルは神。考えたひと天才。

 

それから、こちらはグッズになるけれど

台所の排水口にぶら下げておくタイプのぬめりとり。

100均にあるやつ。あれめちゃくちゃ便利。まじでぬめらない。

元々水回りが汚いのが嫌で、定期的に狂ったようにハイターを撒き散らしていたのだけど

ぬめりとりをかごに入れるようになってから、ピンク汚れも黒カビもはえないしぬめらなくなった。ハイターを撒き散らすこともほぼなくなった。素晴らしい。

あと、レンジで炊飯できるちび黒ちゃん(だったかな)というやつ。

炭水化物抜きダイエットをし始めて、「これ使わないからいらなくね?」と思いたちある日突然炊飯器を捨てて早6年。

その間、どうしても米が食べたいというときが数回あり、耐えかねてアマゾンでポチったんですが

800円くらいのわりに意外と普通に炊けてびっくりした思い出。

ただし2合サイズなのにそれを守ってもまあまあ吹き零れはした。

おかげでレンジがまあまあびしゃびしゃになっていたけれど

私がいれた水が多かったのかもしれないから、ちび黒ちゃんは悪くないかもしれない。

あとその都度拭くからレンジの定期的な掃除にはなっていた。

 

それからめちゃくちゃどうでもいいかもしれないしすでに周知の事実かもしれないけれど私は知らなかったので一言、

今後単身パックで引っ越す可能性があるひとは冷蔵庫買い替えるとしてもツードアまでにしといてね。

わたし高さ約180センチの横幅はスリムな冷蔵庫なんだけど、他の荷物は少なめだったのに"冷蔵庫のサイズで単身だとみなされない"って言われて単身パック使えなかったので。

色々と予測が足りませんでしたね。

かもしれない運転、大事ですね、新生活。

 

僕がそばにいるよ、君を笑わせるから

今週のお題「桜」

 

 

タイトルの歌詞の歌、高校のときめっちゃ流行ってた。

これとあとケツメイシのやつ。

 

とりあえず報告をさせていただきたい。

レポートが!!!!!終わったよ!!!!!と!!!!!

この時代に全て手書きという謎の労力を求められて危うく腱鞘炎になるところだった。

いまから約10年前の学生時代ですら文章は全てWordで作成していた身としては、字を書くことがなによりも辛かったここ数週間。

それからこれは完全に自分のせいなんだけど、改めて自覚した。本当に字が汚い。どうしても「間違いがないか」と自分が書いた字を読み返さなければならず、単に汚いのか間違いなのか判別するのにも神経を使い、それが更なるストレスとなった。ちなみに昔から汚い。

 

 

話は戻るけれども、

そんなわけでここのところ仕事しながら家ではレポート作成するというストレスからくる睡眠不足やら顎の吹き出物やら食欲やら様々なものと戦っていたので

今日は久しぶりのなにもない休日を迎えられた。

なにもないとは幸せなことだとしみじみ感じた。

たまっていた録画を消化し(約束のネバーランドやっと折り返し地点) 

本やら服やらが散らばった床に足の踏み場を作り

発注していた米津玄師のライブグッズが届いていたので

とんがりスノードームとともに近所の桜を撮りに行ってみた。

スノードーム、冬以外でも綺麗で非常によいな。キラキラした。

まわりの景色が反射するのもよい。美しい。

桜のピンクは青に映えるけど、意外に白ともかわいらしい感じでよく似合った。

そういえば高校にバカ桜って呼ばれてやつあったな。

冬にも咲くようなやつ。

まわりと違うとバカって呼ばれるのか。

あれってそういう種類の桜だっただけなんじゃないのかな。

 

 

脊椎がオパールになる頃、楽しかったなあ。

少し前にBUMP OF CHICKENのツアーが発表されたけど、残念ながら現時点で地方には来ないようなので、最速先行は応募しなかった。

藤くん、またトマト大福食べに来ておくれよ。是非に。

でも夏はラッドのツアーに行けるんだった。

今回はファイナルがお盆だという。

地方民に優しい洋次郎さん。


f:id:lovyou3:20190405024320j:image